着物のシミ抜き

着物のエリについた、古いシミです。

 

仕舞う前は、シミが付いていなかったようです。

 

汗のシミが完全に落とさず長期保管したことで、後から浮き出てきたシミです。

油性・水性・漂白処理をして、汗のシミを生地を傷めないよう落としていきます。

シミ抜きでは落とせない生地の色が変色した部分は、目立たぬよう染料と筆で、色かけ(染色補正)をしていきます。

このように、エリの黄シミがすっかり落ちて、元の通りによみがえり、また、お客様に末永く着ていただけそうです。