家庭衣類のトラブル その3

冬場でも、家庭で衣類の保管環境をちゃんとしないと、お気に入りの服にカビがついたら大変ですよ!

カビは
①温度20〜30°C
②湿度70〜80%
③ホコリ、汚れなどの栄養分
の3つの条件が揃うと、繁殖しやすくなります。
例えば、暖房器具で温まった部屋は、暖かく快適ですが、窓周辺は寒暖の差で結露ができやすく、閉め切ったままだと湿度が上がります。そこに、包装ビニールをかぶせたまま服をハンガーかけして2〜3日放っておくと、湿気がこもって、カビが発生する原因となります。

もし、服にカビがついてしまった場合は、白カビですと早い段階ですので家庭用酸素系漂白剤を使ってある程度、落とすことも可能ですが、水で洗えないスーツなどは、シミ抜きをお勧めします。

あなたのお気に入りのお洋服、靴、着物は大丈夫ですか? 

冬だからと言って、油断大敵ですよ!

一度タンスやクローゼットや靴収納BOXを確認してみて、湿気がこもらないよう除湿剤を置くなどして、湿気対策をしておきましょう!
パンプスのカビ
Tシャツのカビ
横断幕のカビ
サイフのカビ